» 学術賞学術奨励賞功績賞優秀地域貢献賞

学術賞

(旧)学会賞

  1. 1990(平成2)年: 菅原 清康(元新潟大学農学部)・進藤 隆(新潟県立加茂農林高等学校)【共同受賞】「焼畑農法における作付体系とその成立要因に関する研究」
  2. 1992(平成4)年: 遠藤 織太郎(筑波大学農林学系)「大規模酪農における電化機械化の効果に関する研究」
  3. 1994(平成6)年: 坂井 直樹(東京大学農学部附属農場)「不耕起栽培の評価に関する研究」

学術賞

  1. 1999(平成11)年: 山下 淳(愛媛大学農学部)「飛び石事故防止のための固定刃付き刈払機に関する研究」
  2. 2001(平成13)年: 宮崎 昌宏(農林水産省 野菜茶業試験場)「傾斜地カンキツ園の歩行形機械化体系の開発と評価に関する研究」
  3. 2003(平成15)年: 富樫 辰志(農業技術研究機構 東北農業研究センター)・下坪 訓次(農業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター)【共同受賞】「水稲代かき同時打ち込み点播機の開発」
  4. 2007(平成19)年: 小松﨑 将一(茨城大学農学部附属フィールドサイエンス教育研究センター)「カバークロップを利用した農作業システムに関する研究」
  5. 2010(平成22)年: 田島 淳(東京農業大学地域環境科学部)「局所耕うん栽培法の開発に関する研究」
  6. 2011(平成23)年: 荒木 肇(北海道大学附属北方生物圏フィールド科学センター)「北陸地域におけるカバークロップを利用した持続的農業技術に関する研究」

 

学術奨励賞

(旧)学会奨励賞

  1. 1992(平成4)年: 坂上 修(農林水産省 野菜・茶業試験場)「野菜栽培における農作業合理化に関する研究」

学術奨励賞

  1. 1997(平成9)年: 北倉 芳忠(福井県農業試験場)「大区画埴土湿田における乾田直播作業体系」
  2. 1997(平成9)年: 小松崎 将一(茨城大学農学部附属農場)「畑作における麦類の自生作物化と作付体系に関する研究」
  3. 2005(平成17)年: 前川 寛之(奈良県農業技術センター)「作業姿勢改善に視点を置いた野菜、果樹等の仕立て方」
  4. 2005(平成17)年: 長﨑 裕司(農業・生物系特定産業技術研究機構 中央農業総合研究センター)・川嶋 浩樹(農業・生物系特定産業技術研究機構 野菜茶業研究所)【共同受賞】「地域特性に対応した野菜の農作業・施設に関する研究」
  5. 2007(平成19)年: 南川 和則(農業環境技術研究所物質循環研究領域,元筑波大学)「水田からの温室効果ガス発生抑制のための圃場管理技術」
  6. 2007(平成19)年: 佐藤 達雄(茨城大学農学部,元神奈川県農業技術センター)「キュウリのかん水同時施肥栽培における葉数変化を生育指標とした施肥管理技術」
  7. 2016(平成28)年: 川村 富輝(福岡県北筑前普及指導センター)「水田転換畑におけるダイズ,ムギ等の省力・低コスト・安定生産のための播種技術の開発」
  8. 2017(平成29)年: 松尾 健太郎(農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター)「二段ベルト式搬送機構による野菜の播種間隔精度向上に関する研究」

 

功績賞

  1. 1995(平成7)年: 稲野 藤一郎「水稲慣行収穫法に関する研究による農作業学の推進」
  2. 1995(平成7)年: 山口 泉「農作業研究に基づく酪農経営改善の実践ならびに生産現場の視点からの農作業研究の方向づけ」
  3. 1998(平成10)年: 一戸 貞光・高橋 保夫・向井 光雄【共同受賞】「日本農作業学会の揺籃,発展充実期における学会への貢献」
  4. 2012(平成24)年: 神田 修平(東京農工大学農学部附属FSセンター)「学会誌の質向上にかかわる編集委員会を通した学会への貢献」
  5. 2016(平成28)年: 足立原 貫「北陸地域での農作業に関する教育・研究の推進」

 

優秀地域貢献賞

  1. 2014(平成26)年: 深山 陽子(神奈川県農業技術センター)「神奈川県内における学会員のリーダー格として取り組んだ園芸分野の農作業軽労化研究」
  2. 2014(平成26)年: 川口 岳芳(広島県立総合技術研究所農業技術センター)「広島県特産であるワケギ球根の移植方法の開発と普及」
  3. 2014(平成26)年: 北倉 芳忠(福井農林総合事務所)・小橋工業株式会社【共同受賞】「重粘土壌における残渣鋤込み・耕うん同時播種技術の開発と北陸地域および全国への普及」
  4. 2014(平成26)年: 中井 譲(滋賀県農業技術振興センター)「琵琶湖の環境保全を主眼とした水稲栽培の米ぬか処理による抑草・除草技術の研究および発信」
  5. 2014(平成26)年: 相澤 正樹(宮城県農業・園芸総合研究所)・山村 真弓(宮城県大河原農業改良普及センター)【共同受賞】「園芸栽培を対象とした農作業負荷評価および軽労化技術の東北地域からの発信」
  6. 2015(平成27)年: 竹中 秀行(北海道立総合研究機構 農業研究本部)「北海道における省力・軽労化生産技術の開発と普及」
  7. 2015(平成27)年: 豊原 憲子(大阪府立環境農林水産総合研究所)「高齢者や障がい者の作業改善や組織運営に関する研究と情報発信」
  8. 2016(平成28)年: 山根 俊(静岡県農林技術研究所)「静岡県の地域特産物における省力生産技術の開発と普及」
  9. 2016(平成28)年: 西村 融典(香川県農業試験場)「暖地における青切り出荷体系タマネギの省力的収穫・調製体系の開発と普及」
このページのトップへ