海外セミナー

国際活動として、本学会は日本農業工学会の構成学会となっており、その上部組織であるCIGR(Commission Internationale du Geine Rural, 国際農業工学会)の国際会議などでの講演やセミナー企画に加え、他の海外関連機関と共同で海外セミナーを企画・開催し、わが国と海外における農業事情の相互理解の深化を図っています。

 

インドネシア国際農作業研究セミナー

開催日: 2004(平成16)年8月23日~8月30日

「インドネシア・日本農業の現状と農作業研究」をテーマに、インドネシア農業工学会(Indonesian Society of Agricultural Engineering)とのジョイントセミナーをBogor Agricultural Universityに於いて開催するとともに、農業機械研究センター、稲作地帯、茶畑、製茶工場、野菜畑、農業を中心として政策的に作られた町などの視察・見学会を開催しました。

→参考1: カレンダー(バックナンバー)のページ>>
→参考2: 連載コラムNo.26>>

 

タイ国セミナー

開催日: 2000(平成12)年7月30日~8月4日

タマサート大学工学部のアグロインダストリー研究構想」などをテーマに、ジョイントセミナーをカセサート大学本部があるバンケンキャンパス内の農業・農業組合省農業部会議室で開催するとともに、地域複合経営、アユタヤトラクター、花卉生産地などのバンコク近郊でのテクニカル・ヴィジットを開催しました。

→参考1: トピックス(バックナンバー)のページ(1)>>
→参考2: トピックス(バックナンバー)のページ(2)>>

 

カリフォルニア大学国際農作業研究セミナー

開催日: 1997(平成9)年8月21日~8月30日

University of California, DavisのAgricultural SpecialistであるDr. Conwyn E. LovinのInternational Agricultural Visitors Program Division of Agriculture and Natural Resources主催のセミナーを同校に於いて開催するとともに、同校附属農場、稲作試験場、肥育牛10万頭の牧場、野菜団地、花卉農場、食品工場、野菜集出荷保冷倉庫、国営利水事業などのフィールドトリップを開催しました。

 

このページのトップへ